ひぐらしのなく頃に業13話 祟騙し編其の5の感想と考察

ひぐらしで初めて季節が動きましたね。長袖姿のレナは新鮮。

でも最後のレナの顔、レナってあんな表情するっけ?

最終回だから次へつなげるための演出かもしれないけど、レナって冷静沈着なイメージだからちょっと違和感。

 

大石さんに詰め寄った時の詩音ちゃんの表情は良いですね。綿騙し編のハシゴのときと目が違うので、あの時のは魅音だと判明。

 

沙都子色仕掛け

シャワーシーンは不穏だと思ったら楽しそうにシャワー浴びてた。そして新衣装にお召し替え。

服が固定されているアニメキャラにとって、新衣装はそれだけで意味がある。

圭一に惚れていて気合入れて可愛い恰好にしたのかもしれんが、誰も服のことに言及しないので新衣装は黒幕としての衣装かなと。

 

そして演舞のときに圭一の手をとり別の場所へ。みんなついてこなかったけど、沙都子が二人きりで話がしたいからとか言ったんだろうか。

今回の沙都子は妙に色気があるな。抱き着かれた圭一もまんざらではなさそう。

前回で茜さん「沙都子ちゃんは果報者だね」と言ったとき、確かに祟騙し編なら沙都子と圭一のカップリングも悪くないと思った。

年齢も近いしね。旧作ではキャラデザ的にそういう風に見えなかったけど。

 

暗闇の北条家

そして圭一をにーにー認定した沙都子は、悟史が大切にしていた物を圭一に渡したいと言う。

「知られると恥ずかしいのでみんなに見つからないうちに」と言って家に招いたけど、知られると恥ずかしい悟史が大切にしていた物って何だよw

まあバットだろうと思ったけど本当にバットだったwてっきり家に着く前にバットで殴ってくると思った。

 

電気つけたら殴られてその直後に画面が赤くなったので、殴られたのは真実でその後が圭一の幻覚なんだろう。

沙都子の家で何者かからバットで殴られた、北条家でそんなことする人物は鉄平、と圭一が思い込んだため。

まあ新では鉄平の顔知らないはずなんですけどね。夢で見たけど。

というか家自体が怪しい。「ここはもうにーにーの家でもありますのよ」と言ってたけど、んなわけあるかい。

もうこの家からして魔女の息がかかってんじゃないか?そもそも圭一が電気つけるまで真っ暗ってのもおかしい。

玄関から廊下見えたときも奥が闇だったし。すっごい意味ありげ。ふすま開けたら二人の遺体が・・・とかはないだろうけど。

 

圭一を本当に殴ったのは誰か。沙都子かな。背が低くても振りかぶったら上から降ろせると思うし。

沙都子の目的は圭一をここにおびき寄せること。誰にも邪魔されないように。

何故圭一だけここなのか。圭一がみんなといたらこの後の惨劇の時に反撃される恐れがあるから?

 

大石さんの怪しい言動

鉄平は沙都子に酷いことをしていなかった、旧作とは反対、と考えると祟殺し編では敵だった大石さんが新作では味方だと考えることも出来る。

境内でのことはみんなを沙都子の魔の手から救おうとしたとか?

でもそれなら何で児童相談所で協力的な態度をとったのか、となるけど、もう沙都子救出の流れは止められないから動いたとか?

自分の手を汚してでも止めることを決意したのか。

結果的に沙都子以外も死んでるけど、殺そうとして殺したのか結果的に殺してしまったのかがわからないから何とも言えん。圭一も襲われた後だし。救おうとして動いたのなら遅すぎる。

 

「前原さんは自分が正しいことをしていると信じて疑いもしないんでしょうね」

「茶番に付き合うのも今だけです」

のセリフからして、大石さんは上の階層の存在のように思える。

「それじゃあよいお年を」とメタ発言もしてるし。

雛見沢はまだ6月だぞ。

本来は夏に放送される予定だったからこのセリフは追加されたものなのだろうか。これから事件を起こすのでもう年内に圭一たちに会うことはないだろうことを知っていたので「よいお年を」と言った可能性もあるけど。

まあ夏から1クールやって2クール目は1月からだったら延期とか関係ないだろうけど。単にタイムリーになっただけで。

 

大石さんと沙都子の関係

この二人が味方同士なら、大石さんが北条家に行ったときに何か吹き込んだか。

「気づきましたの。にーにーが私に何を期待して、何を残してくれたのかを」と言ったのも気になる。

残してくれたもの、が大石さんという味方、という考えもできる。期待したのは大石さんと協力してみんなを殺すこと、とか。

何でそうするのかはさっぱりわからないけど。

 

祟騙しの最初の方で大石さんは学校に沙都子を訪ねてきてたし、沙都子と接触を持とうとしてたけど会うことが出来なかった。沙都子からは拒絶されてた?

でも児童相談所の人を伴って行ったから沙都子が会ってくれて、協力者と気づくことが出来たということかも。人狼と狂人みたいな関係性で。

大石さんが沙都子の味方の場合、バットで殴ったのは大石さんの可能性もある。二人が共謀なら時間合わせて戻ることもできるし。

 

EDの映像

今回の見て、EDの最後の圭一は鬼隠し編じゃなく今回のことを表してるんじゃ?と思った。

だって鬼隠しではあんな顔真っ赤に血に染めてなかったし、目もあんなじゃなかったから違和感あったのよね。

でもそれぞれの編のこと表してると思ってたから、それなら鬼隠ししかないよなあと思ってただけで。

 

最後に

次回は猫騙し編。旧作で言う暇つぶし編だと思うけど、タイトル変えて来たか。

ということは目明し編もタイトル変わるかな。解決編なのに騙しが入るのはおかしいしね。

 

猫ということは梨花ちゃんを表してると思うから、暇つぶし編と同じく梨花ちゃんメインの話だろう。

梨花ちゃんと羽入のインターバルだろうか。今までの振り返りとか。だとしたら赤坂出ないのかな。暇つぶし編だと大石さんも出るので黒幕として何かわかるかもと思ったのだが。

 

うみねこリメイクの発売が1月28日なので、2クール目がうみねこに関連する内容ならそのあたりで明かすだろうな。

いやCMまだ出てないから2クール目入って1話目か2話目で関連付けしてそれからCM流す方が合ってるか。

 

 

次:ひぐらしのなく頃に業14話 猫騙し編其の1の感想と考察

前:ひぐらしのなく頃に業12話 祟騙し編其の4の感想と考察

関連記事

戦翼のシグルドリーヴァ(シグルリ)12話最終回の感想

戦翼のシグルドリーヴァ(シグルリ)11話感想

ひぐらしのなく頃に業11話 祟騙し編其の3の感想と考察

ひぐらしのなく頃に業10話 祟騙し編其の2の感想と考察

ひぐらしのなく頃に業9話 祟騙し編其の1の感想と考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です