ひぐらしのなく頃に業14話 猫騙し編其の1の感想と考察

前回の、北条家の玄関から見た奥の暗い廊下意味深だしやっぱあの家怪しい。

別の部屋に大石さん閉じ込めていて圭一来たから解き放ったとかもあり得るかも。

 

大石さん乱心

まさかの大石さん発症。何か動きがバイオハザードみたいだと思ってしまったw

こりゃレナあんな風になるわ。まさか村人巻き込んで暴れるとは。

守ってくれるはずの立場の警察があんなわけわからん暴挙に出るなんて思わないもん。しかも何の前触れもなく。

皆殺し編では怪しい人物発見してたし相手は軍だしで心構えは出来てたろうけど。

レナだけ助かったのは人波に流されたからか。でも精神にすごい負荷がかかったらL5発症するんじゃ?秋になってもレナ生きてたけど大丈夫だったのかな。

 

誰が誰を殴ったか

圭一殴った時ってバットに釘ついてたっけ?(へこみだった)

バット持ってたので圭一を殴ったのは大石さんだと思ったけど、それはミスリードで本当は鷹野さんたちを殺してきたのかもしれない。

鷹野さんたちが慌てて逃げ出した理由が、大石さんに殺されそうになったからとか。

L5発症の注射を奪われたとか?でもそれを自分で注射するってのはおかしいよなあ。鷹野さんが打ったのなら何で慌てたのかわからんし。予想以上の出来だったとか?

まあ大石さん祟騙しではちょくちょくおかしかったから自分で打った可能性もあるが。何で打ったのかはわからん。自分を被験者にした?

 

そして圭一殴ったのが大石さんではない可能性に、沙都子の方が先に北条家を出たはずなのに大石さんの方が先に境内に辿り着いてたこともある。

まあ
・ショックでフラフラ歩いてたから
・血を落とすために寄り道したから
・大石さんは車で移動したから
かもしれないが。

顔面に血しぶき浴びて顔真っ赤だったはずなのに、境内に辿り着いた時、それほどついてないのも気になった。落としたのかもしれんが。

圭一の幻覚はこんな感じかと思ってた。
・襲撃者は鉄平(北条家でこんなことをするのは鉄平だと思った)
・逃げる沙都子(沙都子が殴られていないので無事に逃げたと思った)
・鉄平を殴り殺した(本当は何か別の物を鉄平だと思い込み殴り続けた)

あの時の沙都子は幻覚かと思ったが、血しぶき浴びてたってことは本当にあの場にいたってことだよなあ。

でも幻覚だとしても沙都子が圭一をやったのなら血がついててもおかしくないか。後ろから一撃だけならそんなに血つかないだろうし。

 

やはり怪しい

鬼騙し編のときと違って圭一には北条家での記憶がないんだよなあ。頭殴られたせいで覚えてないのかもしれんが、今回の圭一の幻覚は今までの雛見沢症候群とは違うものと思ってる。

いつものなら少しずつ疑心暗鬼が膨らんでいくのに対し、今回はいきなり変わったし。大石さんも。

そもそも赤い描写も初めてだし。赤というと魔女を連想する。アニメうみねこではOPで戦人とベアトが対峙してるとこ赤いし、EDは全面的に赤いし。

そういや赤目梨花ちゃんの謎が解き明かされてない。

 

しかし沙都子がどう戻って来たのか疑問だったが、大石さんが先に暴れまわってパニック状態だったから血がついたままでも気に留められてなかったんだな。

てっきり境内に集まってたのはいつものメンバーだけかと思ってた。なのでそこに血がついた沙都子が現れたらみんな何があったのか聞くと思うし。

そもそも境内に辿り着く前に、村人たちに血がついた状態見られて騒がれると思ったし。

 

諦めた梨花ちゃん

死ぬ間際の事を覚えてるのが今回からでよかった。まあ死んだ後にトイレに落とされたなら知らないままかもしれんが。

羽入消えたから、もう死なないか後1回くらいかと思ったら5回か。

たまたま目に入った指の数なのか、仲間たちの数を無意識に連想してか。圭一、レナ、魅音、沙都子、詩音で5。

かくれんぼ

すぐにみんなに見つからないようにかくれんぼにしたのか。見つからなかったら一人で先に帰ると言ったのも。

みんなに少しでも死んだ事を知られるのを遅らせるために。

てっきり隠れ場所に現れたやつが犯人だ!というのかと思ったらそうでなかったしね。でも何で夜になるまで待ってたのか。日が暮れたら終わりだったはずだし、そもそも終わらせるつもりなら早くやればいい。

 

で、思った。もしかして賭けてた?

絶対に見つからない場所にいて、不可能を可能にできるかどうか。諦めないで見つけられるか。

せっかく抜け出られたループにまた閉じ込められ、突破口がわからず、同じ時を共有し心のよりどころだった羽入を失い、もう本当に終わりにしようと諦めた自分に希望があるかどうか。

 

そして時間が過ぎても諦めず、梨花ちゃんを探そうと言ったのは圭一。さすが運命を打ち破る男。

 

村人に4発撃った後、魅音が話しかける前に充填してたようにも見えたが、そうだとしたら片手でやったことになるからやっぱ違う?

しかし大石さんが今までも犯人なら、綿騙しの銃も大石さんの?

「沙都子と魅音が倒れていたとこにあった銃は魅音のと違う」と書いてた人いたけど、大石さんが犯人ならその線が濃くなったな。

あの時発砲音がなったから警察が突入したと言ってたけど、先に大石さんが潜入して音が鳴ったから部下たちが乗り込んだ、かもしれない。

圭一が聞かされたのは大石さんからの情報だし、都合の悪いことは誤魔化したり言わなかったりしてたかも。

 

沙都子がループの原因だった場合の動機

何でループを断ち切る剣がなくなっていたのか。綿騙し編で既に剣が無いと言ってた人いたから新作では最初から無いということだろう。

梨花ちゃんが死なないように誰かが剣を持ち去った?

羽入も教えたくなかったみたいだし、梨花ちゃんが死なない様にしたい気持ちのある人物で真相に近い人物といえば・・・沙都子かも。

 

黒幕が沙都子なら「梨花やみんなと一緒に過ごしたあの楽しかった時を繰り返したい」という願いが今の状況とか?沙都子がラムダなら絶対の魔女だし。

未来では梨花ちゃんルチーア行ってて雛見沢から離れて沙都子と一緒じゃないみたいだし。確かみんな離れ離れだったような。完全にうろ覚えだけど。

 

それとも新作は全部、未来で梨花ちゃんが死んだと思ったけど本当は目を覚まさない状態で見ている夢とかだったり。羽入が消えたのは梨花ちゃんに残された時間がないとか。諦めたらそこで気力がなくなり本当に死ぬ。現実世界では沙都子が必死に呼びかけているとか・・・まあこの展開はないか。

 

最後に

皆殺し編と同じく、祟騙し編は理想的な世界をぶち壊され、黒幕もわかる展開だったということか。

大石さんが真の黒幕とは限らないけど。何でオヤシロ様の祟りが梨花ちゃんのせいだと思ったのかっていう謎は残るし。

やはり黒幕に利用されたか手下ってところだろうな。境内に来た沙都子の表情見えなかったし。

 

今回の展開見ると沙都子疑いたくなくなるんだけどなー。仲間を信じて進んできた物語だし。でも怪しすぎるんだよなー・・・。

 

・・・ちょっと思ったんだけど、綿騙し編で魅音も梨花ちゃんがオヤシロ様の祟りだと思ってたんだよな。今回の大石さんと同じように。

真の黒幕は祟りが梨花ちゃんのせいだと思って恨んでいる人物?

 

 

次:ひぐらしのなく頃に業15話 猫騙し編其の2の感想と考察

前:ひぐらしのなく頃に業13話 祟騙し編其の5の感想と考察

関連記事

戦翼のシグルドリーヴァ(シグルリ)12話最終回の感想

ひぐらしのなく頃に業8話 綿騙し編其の4の感想と考察 1/2

ひぐらしのなく頃に業8話 綿騙し編其の4の感想と考察 2/2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です