ひぐらしのなく頃に業6話 綿騙し編其の2の感想と考察

最初から色々変わってたwまさか大石さん出てくるとはw

大石さんを見送るときの詩音ちゃん睨んでたなあ。

その後祭りでは魅音が睨んでた。二人とも睨んでるからどっちだろうと思った。魅音は園崎家が疑われてること知ってるからいい感情持ってないけど、詩音はどうだっけ。

 

詩音ちゃんを見誤った・・・?

今回の最初のエンジェルモートは詩音ちゃんだと思ったけど、不良を恫喝したすぐ後だったら魅音なんだよな。最初見てた時は別日かと思った。

旧作では恫喝したの詩音だから、レナの言う通り反対だとしたら中身魅音だもの。

前回の感想でこの場面PVで見たとき詩音ちゃんだと思ったと書いたけど、魅音だったねw大石さん来て振り返るところはまだしも、エンジェルモートでのあの場面は絶対に詩音ちゃんだと思ってたのにw

 

全くボロを出さなかったし流暢にしゃべってたし、ぎこちなさもなかった。

仕事に戻ろうとする詩音ちゃんに「あ、魅音!」と呼び止めたとき「っ・・・」となったのは、自分の名前呼ばれて驚いたのかなあ。

このエンジェルモートでの詩音ちゃんに魅音の感じ見出せなかった。もしこれで魅音だとしたら本当見分けつかんわ。

詩音ちゃんだと思ったのになあ。状況が魅音だと訴えてくる・・・。恫喝したときの声は魅音ぽかったし・・・。

 

こっちはわかりやすい

電話のときはわからなかったけど、エンジェルモートで圭一を出迎えたとき詩音ちゃんの感じではなかったのでここは魅音だと思った。

魅音の可愛さは元気がある可愛さで詩音ちゃんのは色気のある可愛さというか。

 

料理をひっくり返したのは慣れてないからだと思ったが、足ひっかけられたからなのか。それだとどっちかわからんなあと思ったが、圭一がかばったときの「け、圭ちゃん・・・」が魅音だったので魅音と確信。

てかあんな客出禁でいいだろ。

倒れた圭一を介抱してるときの「ううん、助けに来てくれただけで」の「ううん」も魅音だと思った。それに詩音ちゃんはああいうウィンクはしないような。魅音が詩音っぽさを出そうとしてるように見える。

 

てかこのスイーツフェスタのって旧でもあったのね。すっかり忘れてた・・・。そう思ったらそういやあったなあと。ちょっと既視感はあったけど、今作で新たに入ったとこかと・・・。

 

帰り道、コップ見てるとこで腕を組もうとしたときに即座に離れた圭一に対し「ちょっ・・・そんなに驚かなくてもいいじゃないですか」の「ちょ・・・」も魅音だった。

「でも、許せないなあってところは色々ありますよ」は詩音が圭一と仲良くなりすぎたからか。バレてしまったか。やはり綿騙しでは魅音の嫉妬が引き金に・・・?

 

双子バレのとこ

おもちゃ屋で魅音が出たとき驚いて「それにっ・・・何であんたがここにいるの!?」と言ったとこ。一瞬言葉詰まったし、名前をとっさに言わなかったのも入れ替わってるからかと。

ネタばらしのギャグ風味の演出のとこも、詩音ちゃんぽくない表情だと思った。でも魅音も乙女モードになると可愛いから、このときの魅音が本物の魅音としてもおかしくないが、やっぱ詩音ちゃんの感じが違う。

「これで疑いは晴れたでしょ?」のとこも魅音が可愛く見えるし。

お弁当渡した話題の時、「そ、それはあたしっ・・・」と言ってたのでやはりあのときのは詩音ちゃん本人だったのでしょう。

 

祭りの日も反対?

祭りのときは見た目と中身一緒かと思った。すごいわ騙された。

でも「魅音はおじさまとは言わない」とレナのヒントを踏まえると、祭りのときも反対ってことになる。

それに魅音だと圭一と手をつなぐなんて大胆なことできるか?とも思うし。

エンジェルモートから出てきたときは手首つかんでたし。腕を組もうとしたときも、詩音になりきっていたから恥ずかしくても勇気を振り絞ることができた。旧作でもお弁当を渡すのは詩音の恰好で行ったから出来たわけだし。

 

でもそうなると何で魅音は圭一と一緒に祭具殿入ろうとしたのかがわからない。鬼隠しでは事件のこと知られたくなかったはずなのに今回は話すのも。

富竹さんと鷹野さんの動向を確かめるため?それに圭一に見て欲しいものって何だ?旧作でも言ってたっけ。忘れたなー。オヤシロ様の像のことかな?

 

もしかして魅音が祭具殿に入ろうとしたのは、詩音に罪を被らせるため?

その後詩音ちゃんが魅音に恨みを抱いて犯行に及ぶのだろうか。でもレナのヒント通りだと祭り以降は見た目も中身も同じになるからなあ。

しかし今回の終わり方なんだよw2話目でやる感じじゃないだろ。何かの区切りというか重要なことがあったときのEDの感じじゃん。あんな劇場版みたいな背景真っ黒って。不穏だわ。

これって祭具殿入ることが重要ってことなのだろうか。入ってしまうことがBAD決定とか。何かすごい壮大な感じに思えたけど。

それともオヤシロ様の像を見るから?重要部分だからな。他の人の意見見るまで全くもって忘れてたけど。

 

あと悟史の情報だけやっぱ抜かれてる。初見さんは悟史のこと全く知らない状態だけど、「4年目だけ何で失踪者のことは触れられないんだ?」と思える感じになってる。

鬼騙しでは表向きの犯人の話題出てたのに今回なかったし。ここ重要だよーてことか。

やっぱ悟史関連変わってる。ここが変わってると本当わかんない。綿騙しも祟り騙しも変わってくる。悟史どうなったんだ!?

 

今回は魅音が鬼になるのか?

今回は魅音が嫉妬に狂ってしまうのだろうか。人形のことも、私も圭ちゃんから人形をもらいたかった、という思いか。

最初に人形を渡したのが魅音だとしたら、詩音に対しても同じように渡すのかと試したのだろうか。タダでもらった人形でなく、詩音には高いお金を払ってでも買うのかと。

「好きなの買ってやるよ」と圭一言ったとき、一瞬間があったからなー。

 

でも最初に渡したのが詩音だったら「私も圭ちゃんから人形をもらいたかった」ということなのか。

「大好きになった人からの初めてのプレゼントなんです」と言ったのは、魅音が今初めてその人から貰う、というアピールなのか、詩音も圭ちゃんのこと好きだよね?知ってるんだよ、という牽制なのか。

暗いとこにいる人形が映し出されるの怖いよ。

 

これはちょっと考えすぎか・・・

旧作では確か「あ、圭ちゃんって言っちゃいましたけど、お姉も言ってますしいいですよね?」と圭ちゃん呼びをしていいか聞いてたと思うけど。

これが無いということは普段から圭ちゃんと呼んでいるということでは?

普段から詩音が雛見沢にいるのかなー。鬼騙しの祭りのときを考えても。

 

いや、何か魅音は自分の地位を乗っ取られたような感じの怒りにも思える。圭一と仲良くしているのは魅音。でもその魅音は自分じゃない、という。

旧では本来の魅音の地位を乗っ取られたのが詩音ちゃんだし、それ系統?

入れ替わりを頻繁にするようになり、魅音としての地位を取り戻そうとしている?当主の地位は証があるから無理だけど、旧での魅音と圭一の関係を乗っ取ると言うか。

圭一が雛見沢からいずれ引っ越すことになったら、縛られる立場でない詩音ちゃんの方が一緒にいられる機会が多いだろうし。圭一と結ばれるために、とか?そのためなら詩音の姿を捨ててもいいという思いなのかもしれない。

本来なら「詩音」は生きられるはずのない存在だったわけだし。

 

あ、でもそれなら弁当届ける時も魅音の姿で行けばいいからなー。やっぱわからん。

 

最後に

何か今作では魅音のこと脳内でときどき「魅音ちゃん」と呼んでしまうんだけど、これって詩音が魅音になってるからなのかなあ。今まで魅音をちゃん付けで呼んだことないのに、今作になってから何故かそうなってしまったから。

綿騙しの魅音が可愛く見えるのは詩音ちゃんだからなのか、入れ替わってると思って見てるからなのか。単にキャラデザか、デレデレ状態の双子を見る機会がそこまでなかったからか。

 

疑って見てるから混乱する。純粋に見れない。

何回も見直してたら聞き分けも見分けもうまく出来なくなった。どっちにも思えてきてしまう。ファーストインプレッションが大事だわホント。

 

 

次:ひぐらしのなく頃に業7話 綿騙し編其の3の感想と考察

前:ひぐらしのなく頃に業5話 綿騙し編其の1の感想と考察

関連記事

戦翼のシグルドリーヴァ(シグルリ)6話感想

戦翼のシグルドリーヴァ(シグルリ)5話感想

ひぐらしのなく頃に業 綿騙し編その1が全部魅音だったら

ひぐらしのなく頃に業 綿騙し編 もし詩音と魅音が逆だったらの考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です