ひぐらしのなく頃に卒10話 祟明かし編其の4の感想と考察

家の前にあんだけゴミ撒いてたら途中で誰かに気づかれないもんかね。村人に見られてたらどうしたんだろう。

もしかして存在感を消す能力でもあるのだろうか。

集会所に途中参加した時も、単に誰にも気づかれなかっただけみたいだし。

 

鉄平との平穏な生活

あの鉄平がゴミ散乱させられても怒りを収めるとは。しかも今までの自分の生き方を責めてる。本当に変わったなあ。

沙都子もそんな鉄平にしがみつく。業のときに伸ばせなかった手を、ここでやっと伸ばすことが出来たということかな。

 

平和な家庭、自分を大事にしてくれて守ってくれる大人のいる生活。

沙都子は本来の目的を忘れ、このまま幸せに過ごしたいと思ったのかもしれない。

しかしそんな日々にもタイムリミットが近づく。

大石さんに注射を打ったから止まれない。祭りの日が来たらこの楽しい生活も終わる。

 

沙都子分離

銃を向ける手を何とか抑え、鉄平を逃がそうとする沙都子。

あの赤いひび割れは封じ込めていた自分を解き放とうとしたからか。

本来の沙都子は目的を遂行するため、非情に徹するために自ら封じたものだったのだろう。それが鉄平の優しさに触れていくうちに、もう耐えられないと。

 

しかしこういう分離の仕方をするとはwしかもここで沙都子撃たれちゃうし。

「え、ここで沙都子死んじゃうの?」と思ったが、罪悪感を感じる沙都子の人格が消された、ということかな。

もう容赦ない沙都子しか残ってないが。まあいつか元の沙都子の人格も復活してくれるだろう。

しかしこうなると梨花ちゃんのいない世界に放り込まれるのは赤沙都子になるのか?それともそういう可能性もあるよってだけで飛ばされる展開はないのかな。

 

鉄平の死

沙都子がやっちゃってたのかー。

でもそれじゃあ圭一が見たのは何だったんだ?

あの時圭一を殴ったのは気絶させるために沙都子がやったのかな。

視聴者が見た鉄平VS圭一は、電気がついた一瞬の間に目に飛び込んできた光景とフラッシュバックが合わさって、圭一の脳内で記憶を補完したものかもしれない。

画面赤黒かったし、沙都子の記憶もちょっと合わさったのかも。(全身返り血)

確か圭一は病院で、あの時のことはあまりよく覚えてないとか言ってたし。

 

しかしこれ沙都子が鉄平を逃がせてたら、圭一が家に来た時に鉄平が現れたのは、あんなことをされても沙都子のことが心配で家に戻ってきたという鉄平聖人化を強化する内容になると思ったんだけどな。

赤沙都子が容赦なくやっちゃってるからねー。

 

しかし鉄平は自分が吐きそうなくらい気分悪い状態なのに、第一に沙都子のことを心配するなんて本当に変わったよなあ。

この二人はあのまま幸せに暮らして欲しかった。

 

最後に

梨花ちゃんに電話してるとき鉄平のいびき聞こえてたらアウトだったなw腹の虫と誤魔化せばいけるか。

 

祭り行く前シャワー浴びてたのは返り血落とすためか。上機嫌だったのは邪魔な沙都子を始末出来たし計画順調だからかな。

そして圭一VS鉄平はやっぱ幻想でしょ。

神社に戻ってきたとき沙都子返り血なかったし。またシャワー浴びて行ったわけはないだろうし。

 

 

次:ひぐらしのなく頃に卒11話 祟明かし編其の5の感想と考察

前:ひぐらしのなく頃に卒9話 祟明かし編其の3の感想と考察

関連記事

ひぐらしのなく頃に業12話 祟騙し編其の4の感想と考察

ひぐらしのなく頃に業13話 祟騙し編其の5の感想と考察

天官賜福8話感想 薬草を見つけ出すも半月兵に見つかり捕らわれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です