天官賜福7話感想 殿下たちを襲う毒蛇 治療薬を求め半月国へ

せっかく殿下と二人で巻かれてたのにお供二人もついてきちゃった。

ルオイエはドジっ子かな。近くに頼れるものがもう無いので範囲広げてやっと岩をゲット!てかこの布どこまで伸びるんだ。容量無限大?

 

洞窟

逃げた先にいたのは普通の商人たち。しかし前回人に化けたやつが出てきたから油断ならんぞ、と思ったが子供が出て来たのでこの人たちは普通の人なのかな、と思ったら一人怪しい男がいたぞw

声も何かどっかで聞いたような声だし、モブの中にイケメンが一人いたらああ何かあるなこいつ、と思ってしまうわw

ナンフォンじーっと案内人を見てたけど知り合いなのかな。

 

石碑を「一緒に見てみよう」と言う殿下可愛い。

そしてどんどん集まるギャラリー。まあ退屈だしね。

商人たち将軍の死に方に笑ってたけど、履物の紐を踏んで転倒して打ちどころが悪かった、ならわかるが敵味方に踏まれてだと可哀そうだわ。

三郎の嘘で、助かると思った商人たち手のひらクルーで石碑を拝む。「悪い子だ」と言う殿下可愛い。

 

しかしそんなとき蛇が!てか砂漠なんだから蛇いてもおかしくないだろ。

この蛇たち今までおとなしく待ってたのか。かなり統率が取れた蛇だな。確かに操られてる感じだ。

フーヤオとナンフォン高く飛び上がってから攻撃したけど、ちょっとしか倒せてない。あそこまで飛んだならもっと範囲攻撃しろよ。

 

蛇の毒

毒を食らったら口で吸いだすというのは定番イベントなので、殿下がそれをおっさんにやって三郎が嫉妬するのかなと思ったら無かった。

殿下が蛇に噛まれた時は消毒したナイフを使ったり三郎が吸出しやったり。

・・・誰もおっさんにはやらんのかw商人仲間は心配そうに見て案内人は包帯巻いて寝かせただけw

殿下を治療してるとこ見られないように商人たちから離れたところでやってるし。見てたら対応の違いに「え・・・」となってただろうなw

 

後から来た蛇は少年を襲うのかと思ったら三郎を狙ってたようで。自分に対する脅威には鈍感なのかな。

殿下が蛇に噛まれたとき、何で簡単に噛まれたんだと思ったがコメント見てわかった。

しかし天官賜福は表情の動きが細かいのすごいね。コメントないと気づかないとこ多いわ。

 

最後に

案内人の名前アーチャオか。アーチョンかと思った。

しかし誰か一人天界に戻って状況伝えるとか治療薬すぐに持ってくるとか出来ないのかね。天界とは流れる時間が違うから無理とか?

 

 

次:天官賜福8話感想 薬草を見つけ出すも半月兵に見つかり捕らわれる

前:天官賜福6話感想 殿下を慕う者たち集まる 舞台は砂漠へ

関連記事

ひぐらしのなく頃に卒8話 祟明かし編其の2の感想と考察

天官賜福1話感想 殿下、鬼花婿を退治しに下界へ

魔道祖師 羨雲編1話感想 謎の鬼腕、怪しい山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です